白鷺ニット工業は、「ワクワクを創る」人を求めます。

たとえば、インナーシャツや、レギンス、スパッツ、ステテコ、腹巻き、ボクサーパンツなど。当社は、暮らしに根ざした実用的な肌着を製造、販売するメーカーです。レディース、メンズ、介護の分野で、主に中高年世代の方々にお届けしています。日本の衣食住の「衣」を支えます。

創業して半世紀です。1969年、1回目の大阪万博の前年、私の父が白鷺ニット工業をおこしました。息子の立場から言うのもなんですが、先代はカリスマ性のある人物で、会社を大きく育て上げ、現在、私が2代目の社長に就きました。

メーカーとして肌着の企画、開発、製造、物流を自社で完結できるのは、半世紀の歴史に裏付けされたものと言えますね。なかには一部、紡績や染色など当社でできないこともあって、こうした部分では世界でも有数の工場と協力関係を築いています。姫路の自社工場では、着心地を重視した自然素材のインナーなどを縫製。肌ざわりがよく、多くのお客さまから喜びの声をいただくのは、うれしい限りです。また、この業界の中では、いちはやく中国での生産を始め、リーズナブルな価格帯の商品も数多く提供しています。全国各地のお取引先様へは、自社倉庫から出荷しています。

最近の肌着は、機能性の面でかなり進化していますが、お気づきですか。消臭、抗菌をはじめ、吸汗速乾、防蚊加工、光触媒加工、植物成分加工など、見た目はかつてと変わらなくても、より快適に着ていただける工夫を施しています。

肌着に向き合い半世紀、
課題も抱えます

最近は、肌着・インナー業界の環境も激変しています。競争が激しくなり、お客さまの趣味嗜好も多様化。半世紀の歴史はベースとして、時代に合った進化が求められるようになりました。いまこの文章をお読みの方は、就職、転職をお考えかもしれません。時代の変化の中で当社が抱える現実、進化・改善すべき課題もお伝えします。よくご検討いただけると幸いです。

当社は低価格帯商品に比べ、高価格帯商品が弱いです。誰にでもわかる当社ならではのブランドがないため、価格競争に陥りがちです。

販売面では一部の販売経路のシェアが高く、新しいチャネルを開拓したいと考えます。

拠点は、兵庫県3か所の他、東京、中国にあります。ITを活用し、商品情報、販売情報、出荷情報などの共有は進みましたが、全社一丸で、というような意識面の共有はまだまだ足りません。

「ワクワクするものづくり」で
明るい未来へ挑戦しています

現実をふまえ、課題を乗り越え、明るい未来に挑戦するには、変革ですね。当社はいま、第2創業期と位置づけ、改善すべきは改善し、新しいチャレンジに取り組んでいるところです。

「ワクワクを創る」「ワクワクする場所」。第2創業期を切り開くために掲げたミッションです。「ワクワク」が、会社の価値をつくると考えました。

でも、肌着メーカーがいう「ワクワク」って、なんだ? と思われたかもしれませんが、ふだんの生活で感じる、あのワクワクと同じです。なにか初めての家電が家に届いたとき。パソコンやwebで便利機能を見つけたとき。外国で初めての食べ物を見たとき。仕事で上手くいったとき……。心が動き、ときめくワクワク。肌着も同じです。快適で、着心地のいい、そのワクワクをお客さまに、誇りをもってお届けしたいと考えています。そこには価値、バリューがあるのです。

「ワクワクを創る」には、「ワクワクする場所」が必要ですね。自分たちがワクワクする場所にいないと、ワクワクはつくれないでしょう。私は2011年当社に入社する前まで、映画業界で働いていました。映画の世界では、作品ごとにチームができますが、その働き方がとても効率的でした。一度集まると全員が同じ方向を向き、イメージや情報を共有し、スピード感をもって取り組みます。ああいう組織が一つの理想形ではないかと。

一人ひとりが自由に、自律して、わいわいガヤガヤできる環境。「ワクワクする場所」と「ワクワクを創る」は表裏一体だと考えています。

現在の当社は「ワクワクを創る」も「ワクワクする場所」も道なかばです。一緒に第2創業期を切り開こうという思いを共有いただけるとうれしいです。チャレンジは大歓迎。どういうポジションでも、小さなことも新しいことも、いつでも会社へ提案できます。社内情報はすべてオープン。Googleドライブ上で全社員共有しています。古い制度と新しい制度が混在しますが、実力本位、結果で評価します。

「衣」を通して社会へ貢献したい、ものづくりを通して明るい未来へ挑戦したいと思う方にとって、やりがいのある環境だと考えています。

代表取締役三木 一正

着ごこちのよい肌着をつくっています。

  • 機能素材を、
    身近に、
    手軽に。

    全国の量販店、スーパーなどに、リーズナブルな価格の商品を卸しています。
    さまざまな機能性を付加した肌着は評価も高く、
    消臭、抗菌をはじめ、吸汗速乾、防蚊加工、光触媒加工、植物成分加工など、
    価格以上の心地よさを提供しています。中国をはじめ海外生産が主力です。

  • 国産肌着を
    自社工場で、
    1枚ずつ。

    兵庫県姫路市に、創業以来の自社工場があります。
    日本製の安心感を、丁寧なものづくりで縫い上げます。
    生地の編み立てや染色は国内の協力工場に依頼し、
    最終的な製品を自社工場の熟練の職人が縫製しています。

  • 困っている人の
    素肌に
    寄り添う。

    ガーゼ素材で仕立てたインナーが当社の主力商品の一つ。
    肌に優しい着心地が、肌トラブルを抱えた方などから高評価をいただいています。
    お客さまからの「あったらいいな」の声や、お困りの声を聞いて、
    素肌に寄り添う商品を開発していきます。

チームワークをつくる、一人一人のコトバ。

  • 信頼関係を築いて仕事を広げる

    難波 さやか(営業部/東京支店)

    週の半分ぐらいは、会社の外に出ています。基本的にルート営業です。やっぱり信頼関係が大事ですね。お取引先に頼ってもらえる存在になれれば仕事は広がりますが、そこはなかなか大変な部分です。会社にいるときは、商談準備や商品の発送手配など事務作業も。やることがいろいろ多いので、きちんとスケジュール管理して、段取りよく進めないと滞ってしまいます。同じ職場で一緒に働きたいのは、自分で考え、一生懸命取り組める人。我慢強いともっといいですね。

  • 自社倉庫できめ細かな物流品質

    坂井 省吾(福崎商品センター センター長)

    当社は、すべての商品を自社倉庫の福崎商品センターで管理しています。自社倉庫を自社運営しているからこそ、営業マンからのさまざまな要望に応えることができ、きめ細かな物流品質で全国のお取引先様にお届けできるのだと思います。私は物流業務に20年。センター長として、納期管理はもちろん収支管理も担います。スタッフのシフト管理、運送便の手配、資材管理も担当。当社の繁忙期は冬場です。出荷の多い厳しい日をさばききれると、ほっと安心、充実感につつまれますね。

  • 出荷商品の特徴を見極める

    小脇 佑介(福崎商品センター)

    現在は物流センターで、商品積み下ろしや、配送などの業務担当しています。ここから白鷺の商品が日本全国に送られていきます。この仕事は、自分のミス一つで大きなミスにつながります。責任感を強く持って毎日仕事をしています。ゆくゆくは、自分で商品を企画し売っていきたいですね。物流センターで働いていると、季節によって出荷する商品の特徴が手に取るようにわかります。そういった知識を現場で身に着けるのはとても有意義なことだと思っています。

  • 「あったらいいな。」を形にする企画開発

    渡瀬 照恵(商品部 開発課長)

    商品企画・開発業務に携わっています。企画は、発売の1年前にスタートし、アイデア出しから素材・形・色決めなど。お客様の「あったらいいな。」に寄り添う肌着を目指して、フィット感、素材感、規格、縫製の細部までこだわり、試作・試着を繰り返します。一見、華やかそうな部署ですが、商品化までには本当に多くの紆余曲折があります。しかし、乗り越えた先には、喜びと面白さとやりがいに変わり、私も初めて手がけた商品が、店頭に並んだ姿を見た時の喜びは、今でも忘れられません。

  • 商品企画から、ものづくりの流れまで

    本間 光(商品部 企画課長)

    商品部の仕事は多岐にわたります。まずは、メーカーにとって大切な商品企画。ヒット商品を作ろうと格闘の日々です。企画が承認された後は、各部署や社外と連携しながら、商品が倉庫に納められるまでの、ものづくりの流れも管理します。デザイナーに仕様書を依頼し、営業には納期・数量を確認して、工場へ発注。社内システムにデータ登録し、ハンガー等の副資材発注し、海外生産分は通関業務も担当。年齢、性別問わず、責任感と熱意のある人には、どんどん仕事を任せてくれる会社ですよ。

  • 業態別の担当制でルートセールス

    北村 正憲(営業部 部長)

    ルートセールスがメインの当社で、私が受け持つ得意先は、大型店、衣料専門店、卸などの業態です。営業マンの担当を業態別に割り振っているのは、この業界では珍しいかもしれません。商談では、翌週販売する商品から、数か月先の話もします。心がけるのは、なにかの際に声をかけてもらえる信頼関係を築くこと。営業の大事な部分です。入社8年目の頃、初めて大きな数字を扱った時のことはよく覚えています。プレッシャーになったけれど、モチベーションになり、励みにもなりましたね。

職種紹介

  • 営業部
    全国各地の取引先へのルート営業、新規開拓。実績あるロングセラーや、シーズンごとの新商品を提案。商談後は倉庫への出荷指示も。
  • 管理部
    総務、経理、人事、システム関連など。システムは、社内システムはもちろん、取引先システムとの連携も含めて対応。
  • 商品部
    商品企画、生地開発、商品デザイン、副資材、各種発注、商品に関する社内データベース管理、通関業務、品質管理など、商品開発から事務まで。
  • 物流
    福崎商品センター勤務。発送現場スタッフ、事務スタッフが、営業からの指示を受け商品を出荷。効率良いオペレーションのため日々改善。
  • 生産
    豊富工場、または中国勤務。ものづくりの現場である自社工場および協力工場で生産管理を担当。納期を念頭に仕入れ先との連携も。
  • EC
    BtoC、BtoBの各種通販サイトを企画運営。商品撮影、デザイン、販促企画、集客から顧客対応まで。EC専用商品開発も。

拠点紹介

  • 姫路本部
    姫路駅から徒歩10分の自社ビル。営業部、管理部、商品部のスタッフが勤務 [map]
  • 東京支店
    アクセスのよい日本橋茅場町の自社ビル。主に営業部のスタッフが勤務 [map]
  • 豊富工場
    当社創業の地、姫路市豊富に自社工場があります。熟練の職人が在籍しています [map]
  • 福崎商品センター
    全商品を自社倉庫で管理。全国の取引先へ、きめ細かい対応で出荷しています [map]

拠点間のコミュニケーションは、テレビ会議やSlackなどのツールを利用しています。
商品情報、販売情報など社内情報はオープン。Googleドライブで共有しています。

Recruit

チームワークと情報の共有を大切にする、整理整頓された、気持ちの良い職場です。自ら率先して動ける自主性と、チームで効率良く動ける協調性を持ち合わせる仲間を求めています。

募集要項

職種:企画営業、デザイナー、生産管理者、品質管理者
初任給:¥200,000~ (経験による)
諸手当:通勤手当、役職手当
昇給・賞与:昇給・昇格機会:年1回 (5月)、賞与:年2回 (7月、12月)
勤務地:姫路本部、東京支店、福崎物流センター、海外工場
勤務時間:実働8時間
休日:当社規定による 休日年間108日、年次有給休暇
福利厚生:社会保険完備 (健康・厚生年金・労災・雇用保険)、退職金制度

下記お問い合わせフォームよりご応募ください。

担当:管理部 肥塚、三木

Contact

リクルートに関するお問い合わせは、
お電話、メール、または
お問い合わせフォームをご利用ください。

姫路本部〒670-0965
兵庫県姫路市東延末3丁目12 姫路白鷺ビル9F
TEL:079-225-8051(代) FAX:050-3153-1099